採用情報
  • わたしが三信で働く理由
わたしが三信で働く理由 〜先輩社員の声〜
社内は誰にでも気兼ねなく話しかけられるような空間です。
東京支店 塚越 梓 2011年入社
入社し社内研修を終え、その後先輩方の現場に同行し、様々なことを経験しました。
社内・現場ともに多くの先輩方と接した中で、私が1番最初に感じたことは三信には、年齢や役職などによる人間間の壁のようなものがないということです。特に社内は、誰もが誰にでも気兼ねなく話しかけられるような空間だと思いました。社内でのコミュニケーション、現場での雑談など、この業種に長く携わり多くの経験を積まれてきた先輩方のアドバイス・経験談は、何も知らない自分にとって大きな励みとなりました。
私は、入社してから地盤改良(地盤注入・高圧噴射・機械攪拌)、斜面安定、山留めの工法に携わりました。現場では限られた時間内で何ができるかを考え、主体性を持ち自分の意思で行動するように心がけています。多くの工法に携わり、様々な現場を見てきた中で、防災技術・災害対策など特殊技術を数多く有する三信だからこそ可能なこと、三信だから実現できることというものがあると感じました。また、それに携わるということは大きなやりがいに繋がるのではないかと考えています。
今後は、様々な現場・工法で経験を積み、着実に自己の能力を高めていくという目標に向け日々精進していきます。
自ら聞く姿勢で取り組み、早く一人前と呼ばれるようになりたい。
東京支店 塚越 梓 2011年入社
私が三信に入社し、地盤改良という特殊分野の仕事を始めてから一年が経ちました。
入社した当初、地盤改良というものが、どういうことをやり、土に対してどのような効果が出るのか全く想像できませんでした。実際の地盤改良の工事も、土の中を施工しているので、見た目では中がどのようになっているのかわかりません。そのため土の中で行っている状況を、イメージして考えることが大切だということを学びました。また、先輩方や職人の方といった経験豊富な人たちの話を聞き、実際に見て体験することで、問題が起きたときの対策や、現場での即応的な対応といった知識を得ることができました。
一年間経験したことから、より自分の中で地盤改良というものをイメージしやすくなりましたが、まだまだ知らなければいけないことばかりです。まだわからないことはたくさんあります。
自ら聞く姿勢で、二年目以降更なる知識、技術力を吸収していき、早く一人前と呼ばれるように頑張っていきたいと思っています。
自分が管理した現場で、無事に工事が終えられた時の達成感。
東京支店 塚越 梓 2011年入社
私が三信建設工業に入社して1年が経ちますが、仕事のことはもちろん社会人として必要な様々なことを、会社を通じて勉強させていただいています。
先輩方は三信の持つ技術から、社会人としての礼儀やルールまでなんでも親身になって教えてくださいます。私は研修終了後に名古屋支店へ配属になり、当初は知らない土地でまさに右も左もわからない状態でしたが、私生活まで含めて先輩方に色々とお世話していただきとても助かりました。
また、私は1年間先輩に連れられて数か所の現場を経験しましたが、現場はまさに新しいこととの出会いの連続です。地盤改良と一言で言っても、こんな工法があるのか、こんな機械を使うのかなどと現場に行く度に驚いています。ですが、現場では必ずなんらかのトラブルが発生しますし、事故に遭う可能性も存在します。現場は危険で厳しいです。
しかし、そこで自分達が現場を管理し動かし、工期内に無事故で工事を終えられた時の達成感は特別なものがあります。私はまだ一人で現場を任せられてはいませんが、一人で現場を管理できるようになることが今の私の目標です。
その為には、まだまだ経験も知識も浅いですが、何にでもトライするチャレンジ精神を持って仕事に取り組んでいこうと思っています。
選考は、マイナビよりエントリーしてください。 マイナビ2017