狭隘地でも施工が可能 杭・基礎 当社は、小型機械によるボーリング技術を生かすことができる杭・基礎工法に取り組んでいます。

沈下修正

BHP工法・TBH工法

CPG-リフト工法(沈下修正)
支える 守る つなぐ

 CPGリフト工法は、地表付近でCPGを施工すると地盤隆起が生じる性質を利用して、既設構造物の計画的な沈下修正を行う工法です。戸建住宅等への適用を考慮して、機械を小型化し骨材をプレミックスした専用固化材を使用することで、コンパクトなプラント設備で、日常生活に支障をきたさずに施工できます。

  • 技術解説

場所打ち杭

BHP工法・TBH工法

BHP工法
支える 守る つなぐ

 BHP工法(ボアホールパイル工法)は、安定液の正循環方式により掘削用ビットを回転させながら掘削し、鉄筋籠やH鋼等を建込み、モルタル等の中詰材を打設して杭を造成する工法です。

・特徴
施工機械が小型、軽量のため狭い敷地での施工が可能です。
大口径の掘削が可能(〜φ1200mm)です。

・用途
土留杭
抑止杭
基礎杭等の築造

TBH工法

TBH工法
支える 守る つなぐ

 TBH工法はトップドライブ形式のボーリングマシンを用い、安定液を逆循環させる「リバース方式」の掘削方式を採用することによって、BHP工法の能率を向上させ、より大口径の掘削を可能とした工法です。

マイクロパイル

マイクロパイル

高耐力マイクロパイル工法
支える 守る つなぐ

 高耐力マイクロパイル工法は、グラウンドアンカー工法の削孔技術やグラウトの加圧注入技術を取り入れ、杭体として高強度鋼管、補強材として太径異形棒鋼を組み合わせることにより、高耐力・高支持力の杭を形成する工法です。

・特徴
小口径で高い支持力が得られます

・用途
橋脚基礎の耐震補強
鉄塔基礎補強等

本設地盤アンカー

VSL-J1永久アンカー工法

VSL-J1永久アンカー工法
支える 守る つなぐ

 VSL-J1アンカー工法は、VSL工法を利用した本設地盤アンカーで、日本建築センターの技術評定を取得した工法です。

・特徴
建物の形状や地盤の状態に応じて鉛直はもちろん斜め方向にも対応できます

・用途
建物の転倒防止
浮き上がり防止等

盤ぶくれ防止

J-PEX工法