構造物の温存と補強を両立 構造物補強・補修 コンクリートのクラック補修で豊富な実績を持つ当社は、構造物補強・補修分野で幅広い工法にも対応しています。

トンネル裏込注入

スペースパック工法

スペースパック工法
支える 守る つなぐ

 スペースパック工法は、可塑性の充填剤でトンネル覆工コンクリート背面空隙等の限定裏込め注入や、水中または湧水のある空洞部へ充填する工法です。

・特徴
一液性のため、注入材の品質確認が容易にできます。
加圧による流動性を有し、限定注入が可能です。

・用途
トンネル覆工背面の裏込め注入

概要・特徴はこちら(PDF)

アクアグラウト工法

アクアグラウト工法
支える 守る つなぐ

 アクアグラウト工法は、可塑性の充填材料を用いた既設トンネルの覆工背面充填工法です。湧水の多い箇所や限定注入を行いたい場所に有効です。

・特徴
材料は全て粉末で水と混ぜるだけで製造でき、圧送も1系統で行えるため、施工および施工管理が容易です。

・用途
トンネル覆工背面の裏込め充填

概要・特徴はこちら(PDF)

アクアメイト工法

アクアメイト工法
支える 守る つなぐ

可塑性の充填材料によるトンネル覆工背面の充填工法です。2液を別々に調合し、注入箇所近傍でブレンダーにて等量混合することにより可塑状となるため、長距離の圧送が可能です。

断面修復

ジョッツ・クリート工法

ジョッツ・クリート工法
支える 守る つなぐ

 ジョッツ・クリート工法は、ポリマーセメントモルタルを湿式吹付けし、コンクリート構造物を補修・補強する工法です。

・特徴
最大厚さ100mmまでの幅広い断面修復ができ、補強繊維を混合しているため高い耐剥落性能を有しています。

・用途
鉄道や道路等のコンクリート構造物

概要・特徴はこちら(PDF)

コンクリート補修・補強

炭素繊維シート接着工法

炭素繊維シート接着工法
支える 守る つなぐ

炭素繊維シート接着工法は、高強度炭素繊維シートにエポキシ樹脂を含浸させながら接着し、補強材として既存コンクリート構造物の補強や耐震性能、耐久性の向上を図る工法です。

・特徴
炭素繊維シートは引張強度が鉄の7倍以上で、重さが1/4と軽く錆びません。

・用途
既設コンクリート構造物の補強

炭素繊維シート接着工法

ハイパーCF工法
支える 守る つなぐ

 ハイパーCF工法は、構造物と炭素繊維シートとの間に柔軟で変形性に優れた緩衝材を導入する炭素シート接着工法です。

・特徴
従来よりもシート量を少なくできコストを削減できます

・用途
床版補強、トンネル覆工剥落対策、管の内面補強、梁の曲げ補強

[その他工法紹介]
ネット可視工法

止水・防水

TACSS工法

TACSS工法
支える 守る つなぐ

 TACSS工法は、ポリイソシアネート化合物(ウレタンポリマー)を主成分とする1液システムで、水と反応して強固なポリ尿素ゲル(ウレタン樹脂)を形成し、構造物の止水をする工法です。

・特徴
構造物や地中の水と反応して膨張し、ひび割れに浸透して止水します。

・用途
構造物などの漏水止め

日本TACSS協会ホームページへ

亀裂補修

ADOX工法
ボンドシリンダー工法

中詰め充填

ジェットパウダーグラウト工法(JPG)