沿革

1956年 11月 16日 新宿区市ケ谷田町104番地にて創業
1958年 12月 日本ウェルポイント協会(現(一社)日本ウェルポイント協会)発足に参加
1960年 4月 千代田区麹町4丁目1番地へ本社移転
1962年 9月 文京区小石川町1丁目2番地(後に、後楽1丁目2番7号)へ本社移転
1964年 4月 日本LW協会(現(一社)日本グラウト協会)発足に参加
1966年 4月 大阪支店開設
1969年 4月 ジェットグラウト工法開発
1970年 6月 三信建設工業(株) 安全衛生協力会設立
6月 アースアンカー協会(現、社団法人日本アンカー協会)発足に参加
1974年 4月 九州支店開設
1975年 4月 名古屋支店開設
8月 札幌営業所開設
1980年 4月 仙台支店開設
10月 株式店頭登録
1981年 1月 静岡営業所開設
1983年 12月 機材センターを四街道から長浦へ移転
1984年 4月 ソイルネイリング工法を独バウアー社から技術導入
1989年 8月 「コンパクショングラウチング・デンバーシステム(CPG工法)」技術導入
1991年 7月 台北支店開設
1992年 7月 建設省土木研究所「液状化対策工法」共同研究に参加
1994年 4月 広島支店開設
1996年 4月 新潟営業所開設
1998年 6月 千葉営業所開設
1999年 9月 運輸省「港湾に係る民間技術の評価制度」においてCPG工法評価認定
2000年 5月 羽田空港新B滑走路液状化対策CPG工事が(社)日本港湾協会技術賞受賞
7月 常陸川水門補修工事が建設省関東地方建設局長から優良工事賞受賞
2004年 12月 JASDAQ証券取引所へ株式上場
2005年 12月 曲線削孔技術を用いた注入工法「グランドフレックスモール工法」開発
2009年 3月 台東区柳橋二丁目19番6号へ本社移転
2010年 10月 香港支店開設
2011年 4月 曲線削孔技術を用いたCPG工法「CPGガイドアーク工法」開発
9月 CPG工法の研究に対し産学官連携功労者表彰「国土交通大臣賞」を受賞
10月 大口径・高速施工のジェットグラウト工法「V-JET工法」開発
2012年 6月 土留め壁切削通水工法(AWC工法)が土木学会技術開発賞受賞
2013年 7月 国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所長より優良下請企業賞受賞
7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の経営統合に伴い、東京証券取引所(JASDAQスタンダード)に上場
2014年 5月 (公社)地盤工学会特別会員入会50年
7月 国土交通省関東地方整備局東京空港整備事務所長より優良下請企業賞受賞
7月 国土交通省四国地方整備局小松島港湾・空港整備事務所長より優良下請企業賞受賞
2015年 11月 欧州企業とV-JET工法の技術契約を実施
2016年 11月 創立60周年
2017年 1月 横浜営業所開設
2018年 9月 アクティオホールディングスの完全子会社となり、東京証券取引所(JASDAQスタンダード)上場廃止
10月 タイ現地法人設立(SANSHIN CONSTRUCTION THAILAND)
2020年 1月 シンガポール現地法人設立(SANSHIN ENGINEERING(SG)PTE.LTD.)
4月 沖縄営業所開設
2021年 9月 機材センターを長浦から常総へ移転
茨城営業所開設
11月 創立65周年
2022年 9月 株式会社エスエスティー協会がグループ会社となりました
2023年 1月 株式会社地巧社がグループ会社となりました