地盤条件、施行環境に最適な工法を提案 地盤改良 様々な地盤条件や施工環境に応じて地盤注入、高圧噴射、地盤強化・沈下修正などに最適な工法をご提案。

  • 地盤注入
  • 急速浸透注入
  • 高圧噴射
  • 機械撹拌(深層)
  • 機械撹拌(中層)
  • 締固め
  • 圧密促進・熱処理

圧密促進

 軟弱地盤上に盛土等による載荷を行う際に、鉛直ドレーンを併用し間隙水の排水距離を短縮することにより、圧密を促進させ基礎地盤の支持力増強を図ります。対象地盤に冷媒を供給して土中水を凍結させ、止水性及び、強度の増加を図ります。

プラスチックドレーン工法

プラスチックドレーン工法
支える 守る つなぐ

 プラスチックドレーン工法は、軟弱な粘性土地盤中に透水性のあるドレーン材を打設して、間隙水の排水距離の短くし、圧密を早期に終息させて地盤強度を増加させる工法です。

・特徴
無振動、無騒音で施工が行えます。

・用途
盛土構造物直下地盤の強度増加
圧密促進
構造物基礎の抜上り
不等沈下抑止

熱処理

対象地盤に冷媒を供給して土中水を凍結させ、止水性及び、強度の増加を図ります。